純白美肌を目指すより効果的な美白化粧品の塗り方

美白化粧品には数種類の有効成分をブレンドして配合したものが多くなっており、この配合でその効果に大きな差が出ることもあるのです。

メラニン色素を作り出す酵素、チロシナーゼを抑制する効果がある成分はアルブチンやエラグ酸、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどがあります。



また、チロシナーゼの量を減らすリノール酸、肌に紫外線があったことをメラノサイトに伝える情報をブロックするカモミラETやトラネキサム酸などもあるのです。

スキンケアコスメ情報決定版!

そして、一度黒くなったメラニン色素を還元作用により無色化する物もあり、美白化粧品はチロシナーゼのはたらきを抑制させるものと、メラニン色素を無色化させるもの、この2つの有効成分が配合されたものを選ぶことでより高い効果が期待できます。
とくにビタミンC誘導体はこの両方の作用をもっているので、こちらの成分が配合された美白化粧品から揃えていくのが適切です。



通常、美白成分は化粧水よりも美容液やクリームに多く配合されていますので、それらで軽いテクスチャーのものを選び、塗り方としては、顔全体に塗るのがポイントになります。



そして、日焼けをしやすい頬の部分は、中指と薬指を使い、頬の内側から外側に向かって多めにつけて伸ばしていく塗り方が効果的です。また、Tゾーンは額は中指と薬指で中心から外側へ、鼻筋は上から下へひとなでする塗り方をし、最後に両手の手のひらでそっと顔を包み、美白化粧品の有効成分をしっかりと肌におしこんでいきます。






Copyright (C) 2015 純白美肌を目指すより効果的な美白化粧品の塗り方 All Rights Reserved.