たまにネガティブなOLの日々 http://v8-cooling.com My WordPress Blog Thu, 02 Feb 2017 09:02:05 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 介護付き有料老人ホームで安心の老後を http://v8-cooling.com/?p=20 http://v8-cooling.com/?p=20#respond Sun, 23 Oct 2016 08:59:03 +0000 http://v8-cooling.com/?p=20 歳を重ねるとともに、徐々に自宅での生活は難しくなってきます。家族も遠方であったり、仕事があったりと、介護を頼める状況にはないという方も多いのではないでしょうか?そんな方によって、有料老人ホームへの入居は将来の選択肢の一つです。

ここでは介護付き有料老人ホームについて解説します。

介護付き有料ホ老人ホームはその名のとおり、入居すれば介護を受けることができる老人ホームです。

お元気なうちからでも、介護が必要になってからでも入居できます。

介護を施設の職員が提供するか、外部の事業所に委託する形で行われるかは、施設によって異なります。

介護付き有料老人ホームの大きなメリットは、一度入居したら終の棲家として考えることが出来ることです。

いま「死に場所難民」という言葉があるくらい、人生の最期をどうやって迎えるかが問題となっています。

国は、病院ではなく在宅で人生の最期を迎えるように方針を示しています。
医療費の増大が背景にあるのですが、誰が介護するかという問題もあり、簡単には進んでいません。

介護付き有料老人ホームでは、「看取りケア」といって亡くなるまで面倒を見てもらえる施設も増えてきています。
家族へ迷惑をかけたくない方にとっても朗報と言えるでしょう。

提供できる医療体制には施設によって差があります。

病院ではないので点滴や酸素マスクのような治療行為は基本的にできません。

病状によっては看取りが難しく、入院を余儀なくされる場合もあります。
入居をお考えの際には、入居担当者によく確認するようにしてください。

]]>
http://v8-cooling.com/?feed=rss2&p=20 0
医療行為が必要な方が選ぶべきは介護付有料老人ホーム http://v8-cooling.com/?p=17 http://v8-cooling.com/?p=17#respond Fri, 23 Sep 2016 08:57:56 +0000 http://v8-cooling.com/?p=17 家族が病気やけが等で介護が必要になったらどうしますか。
自宅で介護をしたいと考える人も多いと思いますが、
介護に加えて常時医療行為が必要になった場合はどうでしょうか。

専門的な治療が日常的に必要になった場合の家族の負担は、
介護のみの負担と比べても圧倒的に多いのではないでしょうか。

そんな時にはぜひ、
専門的な介護施設を利用して介護と看護の負担を少しでも軽減できるようにしましょう。

高齢になり増えてくる医療行為の一つが、胃瘻です。

自力で食事をすることが難しくなった場合に、
手術により胃にチューブを通す穴を開けます。

そこから、ラコールやエンシュアと呼ばれる栄養成分を入れます。

家族であれば、自宅で流動のラコールやエンシュアを流し込み、
食事を取らせることは可能です。

しかし、グループホームなどでは介護職員がこの処置を行うことは禁止されています。

一定の研修を終えている介護福祉士であれば、
可能な場合もありますがまだまだ数は少なく、すべてのグループホームで出来るとは限りません。

しかし、介護付有料老人ホームでは人員基準に看護師および准看護師が義務づけられています。

看護職員は、これら胃瘻の処置を行うことは当然出来ますので、
万が一胃瘻が必要となっても、安心して介護付有料老人ホームを使い続けることが出来ます。

ですので、医療行為が常時必要な方、
必要となる可能性がある方、必要となってからも長く同じ施設を利用したいとお考えの方は介護付有料老人ホームを選ぶと安心です。

]]>
http://v8-cooling.com/?feed=rss2&p=17 0
介護付有料老人ホーム。認知症の受け入れは可能か http://v8-cooling.com/?p=14 http://v8-cooling.com/?p=14#respond Tue, 23 Aug 2016 08:56:44 +0000 http://v8-cooling.com/?p=14 今の時代、介護付有料老人ホームに入居希望しようとする方は少なくありません。そんな中、介護付有料老人ホームに入居する際の必要条件に、認知症患者の受け入れは含まれているのでしょうか。

ネットであげられているいくつかのグループホームの公式サイトがあります。
介護付有料老人ホームでは、認知症患者の受け入れは相談可能となっています。

基本的な身体条件は自立されていることが必要です。その他の条件には、
60歳以上の年齢であること、要介護にあたる方であること、24時間介護士が在住していることや必要時ナースコールができることが最低条件に含まれています。

また初めての方を対象に体験入所ができるところもあるようです。
できるかぎり自立での生活が望ましいですが、体調が思わしくなく不安な時もあるでしょう。

その際には担当の介護士または看護師に連絡することができます。
入居希望される前に一度、見学にいき、現場を見ておくことが望ましいと言われています。

また客観的な位置づけにあるケアマネージャーから意見を聞くというのも一つの方法です。

最近では、介護職員と患者のトラブルが絶えません。
契約される前に、実際に働いている職員を見ることも入居を決める要素の一つではないでしょうか。

その他の要因としては施設内の臭いなどがあります。
毎日の食事の後片付けや排泄物などの処理は的確にされているでしょうか。

フロアに落ちている埃やごみ、トイレの汚れなどは残っていないでしょうか。
そのような衛生面が的確になされていない施設への入居は避けるべきだといえるでしょう。

]]>
http://v8-cooling.com/?feed=rss2&p=14 0
特別養護老人ホームと有料老人ホームの違い http://v8-cooling.com/?p=11 http://v8-cooling.com/?p=11#respond Sat, 23 Jul 2016 08:55:44 +0000 http://v8-cooling.com/?p=11 老人ホームといえば、特別養護老人ホームや有料老人ホームなど、いくつかの種類があるものですが、このふたつ

は明確に違いがあるものです。

まず、特別養護老人ホームは、社会福祉法人や地方自治体が運営している公的な位置づけをもった施設です。

ここには誰でも入居できるというわけではなく、
65歳以上の高齢者であって、要介護認定を受け、常に介護が必要という人が対象となっています。

そのため、同じ高齢者とはいっても、認知症や寝たきりなど、かなり介護が必要な状態が進んでいる人と考えたほうがよく、
基本的にすぐに入居できることはまれであり、多くは順番待ちでようやく入居できるという状態です。
それに対して、有料老人ホームというのは、民間企業などによって運営されているものですが、
もちろんはじめから介護付きのものもあれば、ほぼ住宅に近いものなど、さまざまなバラエティがあります。

入居できる対象については、それぞれの有料老人ホームによって違いがありますが、
65歳以上の高齢者というのは共通していても、自立している人から要介護の人まで、かなり幅広く受け入れをしています。

特別養護老人ホームがだいたい相部屋であるのに対して、
有料老人ホームでは広々とした個室でプライバシーが守られるというのがほとんどで、介護のサポートをするためのスタッフもいますので、かなり快適な環境ということができます。

料金的には特別養護老人ホームなどよりも高額ですが、快適さについては格段の違いがあるといえます。

]]>
http://v8-cooling.com/?feed=rss2&p=11 0
有料老人ホームでの生活に必要となる費用 http://v8-cooling.com/?p=8 http://v8-cooling.com/?p=8#respond Thu, 23 Jun 2016 08:53:36 +0000 http://v8-cooling.com/?p=8 有料老人ホームとは、高齢者が暮らしやすいように配慮した住まいで、食事の提供や介護の提供、掃除などの家事など、日常生活を送

る上で必要なサービスがついた住まいです。

有料老人ホームにもいくつかの種類があり、入居時の条件は一定ではありません。年齢や健康状態によっても選べるホームは違ってくるので、
自分にあったホームを見つけることが大切です。

有料老人ホームを利用するには、建物費用のほか、サービス費用や運営費用など全額入居者の自己負担となります。
また長期にわたっての契約となるので、総額が高額になることもありますから、
事前にきちんとかかる費用を調べておく必要があります。

有料老人ホームで必要となる費用には、家賃や管理費、食費、介護費、その他の費用があります。

家賃は、居住する居室やその他の共用施設を利用するための費用となり、立地場所や居室の広さなどによって価格には違いがあります。

食費は、食事サービスを利用した場合に支払う費用で、
食材費や厨房人件費、厨房維持費などが含まれています。

中には、食事をとらなくても食堂の人件費や維持費を一定額負担しなくてはいけない場合もありますから、
入居時にきちんと確認しておく必要があります。

また要支援や要介護認定者の場合、介護保険サービス利用時には、要介護度に応じた自己負担分を毎月支払う必要があります。
そのほかにも、管理費や食費などに含まれない高熱水費や通信費などが発生するホームもあるので、しっかりと確認して起きましょう。しかし

]]>
http://v8-cooling.com/?feed=rss2&p=8 0
福祉施設の老人ホームでの苦情 http://v8-cooling.com/?p=5 http://v8-cooling.com/?p=5#respond Mon, 23 May 2016 08:50:27 +0000 http://v8-cooling.com/?p=5 福祉施設の老人ホームや在宅サービスのいずれにおいても、介護事故や不適切な福祉サービスの対応による利用者本人および家族からの苦情の申し立てには、迅速かつ適切に対応する窓口としての担当者や苦情解決のための責任者の配置が必要です。

 

また、窓口に苦情申立箱や苦情の申し立て用紙を設置するなどして、

広くいつでも苦情を受けるための環境をつくっています。

 

特に介護事故などにおいては、

慰謝料や賠償責任問題に発展することがあるので、苦情の内容が重大な場合や、

当事者同士の解決が困難な場合を想定して、苦情解決のための第三者委員をあらかじめ委嘱したり、

弁護士事務所と顧問契約をしている老人ホームが増加しています。

 

苦情の申し立てがあった場合は、ただちに誠意をもって対応することが必要です。

事故発生時の対応が重要であることはもちろんですが、責任の回避や言い訳は問題を複雑にするため、

苦情を申し立てている本人から訴えをよくきき、事実確認を行ったうえで担当責任者が対応しています。

 

内容によっては、監督官庁と相談したり、

法律に詳しい弁護士からアドバイスを求めることがあります。

 

当事者同士の解決が困難な場合は、

有料老人ホームが設置している第三者委員や弁護士など専門家に委ねることもあります。

 

匿名の電話や投書などで相手が特定できない場合は、

事実の確認とともに全職員に報告し、事実であれば再発防止に努め、福祉サービスの向上に努めることが大切です。

]]>
http://v8-cooling.com/?feed=rss2&p=5 0