特別養護老人ホームと有料老人ホームの違い

老人ホームといえば、特別養護老人ホームや有料老人ホームなど、いくつかの種類があるものですが、このふたつ

は明確に違いがあるものです。

まず、特別養護老人ホームは、社会福祉法人や地方自治体が運営している公的な位置づけをもった施設です。

ここには誰でも入居できるというわけではなく、
65歳以上の高齢者であって、要介護認定を受け、常に介護が必要という人が対象となっています。

そのため、同じ高齢者とはいっても、認知症や寝たきりなど、かなり介護が必要な状態が進んでいる人と考えたほうがよく、
基本的にすぐに入居できることはまれであり、多くは順番待ちでようやく入居できるという状態です。
それに対して、有料老人ホームというのは、民間企業などによって運営されているものですが、
もちろんはじめから介護付きのものもあれば、ほぼ住宅に近いものなど、さまざまなバラエティがあります。

入居できる対象については、それぞれの有料老人ホームによって違いがありますが、
65歳以上の高齢者というのは共通していても、自立している人から要介護の人まで、かなり幅広く受け入れをしています。

特別養護老人ホームがだいたい相部屋であるのに対して、
有料老人ホームでは広々とした個室でプライバシーが守られるというのがほとんどで、介護のサポートをするためのスタッフもいますので、かなり快適な環境ということができます。

料金的には特別養護老人ホームなどよりも高額ですが、快適さについては格段の違いがあるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です