介護付有料老人ホーム。認知症の受け入れは可能か

今の時代、介護付有料老人ホームに入居希望しようとする方は少なくありません。そんな中、介護付有料老人ホームに入居する際の必要条件に、認知症患者の受け入れは含まれているのでしょうか。

ネットであげられているいくつかのグループホームの公式サイトがあります。
介護付有料老人ホームでは、認知症患者の受け入れは相談可能となっています。

基本的な身体条件は自立されていることが必要です。その他の条件には、
60歳以上の年齢であること、要介護にあたる方であること、24時間介護士が在住していることや必要時ナースコールができることが最低条件に含まれています。

また初めての方を対象に体験入所ができるところもあるようです。
できるかぎり自立での生活が望ましいですが、体調が思わしくなく不安な時もあるでしょう。

その際には担当の介護士または看護師に連絡することができます。
入居希望される前に一度、見学にいき、現場を見ておくことが望ましいと言われています。

また客観的な位置づけにあるケアマネージャーから意見を聞くというのも一つの方法です。

最近では、介護職員と患者のトラブルが絶えません。
契約される前に、実際に働いている職員を見ることも入居を決める要素の一つではないでしょうか。

その他の要因としては施設内の臭いなどがあります。
毎日の食事の後片付けや排泄物などの処理は的確にされているでしょうか。

フロアに落ちている埃やごみ、トイレの汚れなどは残っていないでしょうか。
そのような衛生面が的確になされていない施設への入居は避けるべきだといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です