医療行為が必要な方が選ぶべきは介護付有料老人ホーム

家族が病気やけが等で介護が必要になったらどうしますか。
自宅で介護をしたいと考える人も多いと思いますが、
介護に加えて常時医療行為が必要になった場合はどうでしょうか。

専門的な治療が日常的に必要になった場合の家族の負担は、
介護のみの負担と比べても圧倒的に多いのではないでしょうか。

そんな時にはぜひ、
専門的な介護施設を利用して介護と看護の負担を少しでも軽減できるようにしましょう。

高齢になり増えてくる医療行為の一つが、胃瘻です。

自力で食事をすることが難しくなった場合に、
手術により胃にチューブを通す穴を開けます。

そこから、ラコールやエンシュアと呼ばれる栄養成分を入れます。

家族であれば、自宅で流動のラコールやエンシュアを流し込み、
食事を取らせることは可能です。

しかし、グループホームなどでは介護職員がこの処置を行うことは禁止されています。

一定の研修を終えている介護福祉士であれば、
可能な場合もありますがまだまだ数は少なく、すべてのグループホームで出来るとは限りません。

しかし、介護付有料老人ホームでは人員基準に看護師および准看護師が義務づけられています。

看護職員は、これら胃瘻の処置を行うことは当然出来ますので、
万が一胃瘻が必要となっても、安心して介護付有料老人ホームを使い続けることが出来ます。

ですので、医療行為が常時必要な方、
必要となる可能性がある方、必要となってからも長く同じ施設を利用したいとお考えの方は介護付有料老人ホームを選ぶと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です